#5 矢の向かう先

私のいたずらのせいで大変なことになった。

激昂という混乱させる魔法を村人にかけようと思ったが、間違って短剣で村人を斬りつけてしまった。

tesv-2016-11-17-23-13-39-848

カミラ・バレリウス: 何をする気だ?

 

いたずらしようと思っただけなんだ・・・

 

tesv-2016-11-17-23-13-42-8652

どうやら私の行った悪事に対してホワイトランが賞金をかけたようだ。

ホワイトランは大都市の名前だ、私がホワイトラン地方にいる限り誰かが賞金を狙って私を襲うことだろう。

 

tesv-2016-11-17-23-13-42-865

カミラ・バレリウス: 死にぞこがないが!

このひと口が悪いなw

 

tesv-2016-11-17-23-13-44-433

3人は私を倒そうと襲い掛かってきた。

短剣と覚えたての激昂じゃ分が悪いな。

 

3人!?

 

誰やお前!

tesv-2016-11-17-23-13-44-4332

しかもなんでそんな殺意に満ちてるんだよ!

 

tesv-2016-11-17-23-16-38-571

建物の外に飛び出た。

正直君達に罪はない、どうか怒りを収め静まり給え!

穏便に済ませたい私は距離を取った。

tesv-2016-11-17-23-16-44-702

ルーカン・バレリウス: 見逃そう、今回はな

 

どうやら主人は諦めてくれたらしい。

 

ジャルデュル: ウォォーッ!

tesv-2016-11-17-23-16-55-992

ちょっとまって!あんたが一番関係ないじゃん!

なんでご本人たち以上に怒り狂ってるんだよ!!

 

tesv-2016-11-17-23-17-03-236

彼女は村の外まで追ってきた。

このままでは殺される。

どうにかしなきゃ。

 

tesv-2016-11-17-23-17-40-218

先程無実の人を斬りつけてしまったせいだろうか、白兵戦をする事にためらいがあった。

ふと幽鬼作成の呪文を思い出した。

死者を蘇らせて自分のために戦わせることが出来るのだ。

 

tesv-2016-11-17-23-17-58-891

周りを見渡すとうさぎが横切ろうとしていた。

兎が人間に立ち向かえるのか分からないが、ここは猫の手も借りたいところなんだ。

 

tesv-2016-11-17-23-19-22-799

激しく逃げるので川の向こう側まで渡ってしまった。

時間はかかったがなんとか兎を味方につけた。

 

tesv-2016-11-17-23-19-51-132

しかし兎はすぐ木の後ろに隠れてピクリとも動かなくなったしまった。

これはどうやれば戦ってくれるのだろうか・・・失敗だった。

 

tesv-2016-11-17-23-20-17-141

他に自分のために戦ってくれる戦士を探していると大きなシカが居た。

私はシカに矢を放った。

しかしシカはずっと萌え萌えの角度で私をみながらダッシュで逃げている。

 

う、撃ちづらい・・・!

 

 

tesv-2016-11-17-23-20-46-738

私は自分の心に誤りがあることに気付いた。

罪を他のものに押し付けてはいけない。

自分の手を汚すことに覚悟を決めた。

 

tesv-2016-11-17-23-21-19-953

ジャルデュル: 死にぞこないが!

てかほんと口が悪い!w

 

ジャルデュルは川の中を移動している。

もはや河童だ。

私は川に向かって矢を撃ちまくった。

 

tesv-2016-11-17-23-21-26-635

何本も撃ち続けた矢の1本がジャルデュルの肩に当たった。

 

tesv-2016-11-17-23-21-33-251

ジャルデュル: おら!

ジャルデュルはズゴックのような水中移動で陸上から矢を放ち続ける私に斬りかかってきた。

 

白兵戦はいかん!負けてしまう!

考えろ!考えるんだ!

 

雷撃

tesv-2016-11-17-23-22-05-363

稲妻が8ポイントの雷撃ダメージを、1秒ごとに体力とマジカに与える。

ヘルゲン砦を脱出する際見つけた魔術書で雷撃を覚えていた。

唯一まともな攻撃呪文だね。

tesv-2016-11-17-23-22-08-751

私は雷撃呪文を両手から放った。

tesv-2016-11-17-23-22-08-7513

マジカがどんどん減り続ける。

tesv-2016-11-17-23-22-08-7512

ジャルデュルの体力も減り続けている。

 

私のマジカとジャルデュルの体力、どちらが尽きるのが先か…

 

 

 

tesv-2016-11-17-23-22-13-934

ギリギリで私のマジカが持ったようだ。

ジャルデュル、何故君はそんなに殺意に満ちていたんだい・・・?

 

tesv-2016-11-17-23-22-16-561

私は目を疑った。

 

tesv-2016-11-17-23-22-16-5612

ネズミに足をかじられてた。

 

tesv-2016-11-17-23-22-24-363

おいおいおいおい!!!

なんか病気にかかったぞ!

運動不全症ってなに!??

 

tesv-2016-11-17-23-22-24-3633

まちたまえネズミ!

今は悲しい戦いが終わったばかりなんだ!!

 

tesv-2016-11-17-23-23-47-378

急いで、ジャルデュルのふところから使えそうなものを取った。

 

tesv-2016-11-17-23-25-27-296

そして大急ぎで川へ潜った。

ここならネズミもついてこれまい!!はっはっは!

人間様を..いやノルドをなめんなよ!!!

 

tesv-2016-11-17-23-25-42-583

陸へあがり対岸の様子をチラチラと見ながら先へ急ぐ。

しかし、なんだろうこの違和感

何か大事な事を見逃している気がする。

 

tesv-2016-11-17-23-42-55-384

とりあえず、クエストを確認して次の目的地を決めることにした。

嵐の前のクエストの目的を見ていると、一つ完了していた。

リバーウッドで、ジャルデュルと話す

ん?

このクエスト完了してるぞ?というかジャルデュルって・・・

 

tesv-2016-11-17-23-21-26-635

ちょっとまてよ

 

tesv-2016-11-17-23-21-33-251

あれ?

 

 

 

tesv-2016-11-17-23-22-13-934

ええええええええええええええええ!?

 

俺はこの人といつ・・・話した・・・・・?

 

 

 

 

tesv-2016-11-17-22-45-50-262

ジャルデュル: レイロフの友達なら私の友達よ

 

 

なんてことだ。

 

 

 

 

tesv-2016-11-17-23-42-55-3842

 

レイロフの姉妹!?

 

なんてことだあああああああああああああああ!!!!!!!

 

つづく

面白かったらシェアお願いします!