#3 ヘルゲン砦からの脱出

ドラゴンの襲撃に遭い、ヘルゲン砦から脱出を試みる囚人仲間のレイロフと私。

道中で魔術師の亡骸を見つけ、どこか安らかに眠れる場所を探そうと心に決めたものの。

tesv-2016-11-13-00-14-28-707

絵面が非常にまずい気がする。

早く安らかに眠れる場所を探さないと・・・。

tesv-2016-11-13-00-15-34-475

帝国軍兵士: 反逆者に死を!

大部屋から帝国軍兵士が襲い掛かってきた、私は魔術師の亡骸を持ち上げているため戦えない。

レイロフは強い、戦闘は彼に任せていいのかもしれない。

その時、大部屋の中から帝国軍兵士が弓でこちらを狙っているのが見えた。

まずい、このままでは射られてしまう。

tesv-2016-11-13-00-15-43-008

帝国軍兵士は私に狙いを定め、矢を放った。

tesv-2016-11-13-00-16-06-989

そして魔術師に当たった。

tesv-2016-11-13-00-16-15-708

私は無敵モードになった事に気付いた。

敵の矢を私が、いや魔術師が受けている間、レイロフは敵に斬りかかった。

次々となぎ倒していった。

tesv-2016-11-13-00-17-17-471

ありがとう、魔術師。

あなたのおかげで私たちは救われました。

ん?

魔術師の挙動がおかしい、段々と回転していっている。

これは一体なんだ・・・?

 

1479017190

これは何だwww

予想外の展開に私は動揺した。

早く捨てたい安らかに眠れる場所を探したいと思った。

せせらぎの音が聞こえる。

tesv-2016-11-13-00-21-06-169

この川はなんかソレっぽいぞ。

私は魔術師を川に寝かせた。

手を組ませてあげたかったが、小さく前にならえが限界だった。

ありがとう魔術師、ここでお別れだね。

どうか安らかに眠ってください。

 

tesv-2016-11-13-00-24-30-686

魔術師の亡骸と別れ、レイロフと私はヘルゲン砦の奥地へ足をすすめる。

地形も砦というより洞窟になっていた。

出口が近いのかもしれない。

しばらくすると、また大きな部屋が現れた。

レイロフ: ちょっと待て。前に熊がいる。見たか?

 

tesv-2016-11-13-00-24-37-501

レイロフ: できれば今はもめたくない。こっそり通り抜けてみよう。ゆっくり時間をかけて、足元に気をつけて

tesv-2016-11-13-00-24-47-585

レイロフ: もし自分が幸運だと思うなら、この矢を試してみな。彼女が驚くかもな

tesv-2016-11-13-00-24-47-5852

これはやれという事だね?

tesv-2016-11-13-00-25-42-452

いいでしょう、やりましょう。

私は正面の黒い塊に鉄の矢を放った。

tesv-2016-11-13-00-25-44-970

不意打ち: 2.0倍のダメージ!

当たった!けど即死じゃないのか!

 

レイロフ: 隠密が過大評価だなんて誰が行った?

 

どういうこと?w

レイロフが何を言っているか分からないが、凄く調子こいた事を言っている。

tesv-2016-11-13-00-25-47-603

矢を受けた熊は当然こちらへ向かってきていた。

まずい、このままじゃ食われる!

熊よ!近くに獲物がいるぞ!こっちじゃない!

tesv-2016-11-13-00-25-49-670

そうだ!そっちだ!偉いぞクマモン!!!!

tesv-2016-11-13-00-25-57-050

そいつを食っちまえ!

tesv-2016-11-13-00-26-05-718

レイロフは強かった。

tesv-2016-11-13-00-26-17-851

簡単に討伐されてしまった熊の死体を漁る。

毛皮が入っていたので一応もらっておこう。

tesv-2016-11-13-00-27-05-366

ついにヘルゲン砦の出口が見えた、その先はスカイリムの世界だ。

tesv-2016-11-13-00-28-01-856

ついにヘルゲン砦からの脱出に成功した。

するとレイロフが別れ話を切り出した。

レイロフ: ここで別れたほうがいいかも知れない。幸運を祈る。お前がいなければ、ここまでこられなかっただろう。

なんだよ・・・急にデレやがって・・・。

tesv-2016-11-13-00-28-20-988

そうだね、ここからは別々の道を歩もう。

さようなら、レイロフ。

 

 

 

 

 

 

 

ん?

tesv-2016-11-13-00-28-44-372

しばらく歩いたレイロフは歩みを止め、こちらを見ている。

一体どうしたのだろうか。

tesv-2016-11-13-00-28-55-458

気になったのでレイロフの元に駆け寄ってみた。

tesv-2016-11-13-00-28-58-472

近寄ってみると、今度は背を向け走り出した。

何がしたいんだいレイロフ。

もしや構って欲しい猫がよく使う手法ではないだろうか。

tesv-2016-11-13-00-30-49-570

気付いたら、レイロフは道案内をしてくれていた。

tesv-2016-11-13-00-31-32-056

スキルの上昇率を上げる石碑があったので、隠術を選択した。

他に戦士と魔術師があったが、私は家に忍び込みたい

そう強く思うようになっていた。

tesv-2016-11-13-00-31-46-258

隠術の石碑に光が立ち上がる。

 

tesv-2016-11-13-00-32-24-904

山を下り、川が見えてきた。

私はこの”道中”というのが大好きだ。

とても冒険をしている気分になる。

tesv-2016-11-13-00-32-26-939

私はこの一瞬を逃さなかった。

左手に見えていた川から魚が飛んだのだ。

こここれはもしや!!!

tesv-2016-11-13-00-32-39-770

私は奇声をあげながら川へ飛び込んだ。

tesv-2016-11-13-00-32-41-353

さかなぁ!さかなどこぉ!

きっと捕まえられるはずだ!さかなぁ!

tesv-2016-11-13-00-32-48-984

いたああああああああああああああ!

ほらみてみんしゃい!サケがおったばい!!!

塩焼きにして食ってやるけんね!

 

興奮してサケを取っているとふと我に返り、あることに気付いた。

tesv-2016-11-13-00-33-37-723

レイロフどこ。

 

 

 

 

tesv-2016-11-13-00-34-01-469

大急ぎで川から上がると、レイロフがオオカミに襲われていたwww

私も弓矢で応戦、遠距離バンザイ!

tesv-2016-11-13-00-35-03-033

オオカミの撃退に成功。

よく見るとオオカミのお尻に私が放った矢が刺さっていた。

tesv-2016-11-13-00-35-07-867

なんと死体から報酬と一緒に回収出来るようだ。

こういうとこリアルね。

tesv-2016-11-13-00-35-36-735

レイロフ: 一緒に来てくれて嬉しいよ。もうすぐリバーウッドだ

別れた方がいいだの、一緒に来てくれて嬉しいよとか情緒不安定なレイロフ

tesv-2016-11-13-00-36-08-222

何はともあれ、最初の村リバーウッドへたどり着いた。

面白かったらシェアお願いします!