#2 魔術師の亡骸

tesv-2016-11-13-06-11-13-659

処刑される直前、ドラゴンの襲撃によりなんとか生き延びれました。

tesv-2016-11-12-23-48-19-370

砦に入ると、奥で倒れている人が見える。

tesv-2016-11-12-23-48-26-902

レイロフ: ゾブンガルデでまた会おう、兄弟よ

どうやらレイロフの同志が亡くっていたようだ。

tesv-2016-11-12-23-48-55-719

レイロフ: ほら、ガンジャールの装備を取ったほうがいいんじゃないか。もう必要ないだろう。

 

えっ、気持ち切り替え早くない?

彼、ガンジャールって名前なんだね。

tesv-2016-11-12-23-49-55-153

レイロフ: ガンジャールが死者の国から戻ってくることはないだろう。鎧を剥げ、他の持ち物も全部だ

 

ひどい!!あなたひどいわ!!

いくら死んじゃってるからって!もう10分ぐらい名残惜しんでもいいじゃない!

tesv-2016-11-12-23-50-09-918

可哀想な、ガンジャール・・・

tesv-2016-11-12-23-50-46-382

そして私はテーブルの上にあったコップをガンジャールの顔に押し当てた。

意味もなく。

するとどうだろう、コップを当てるとガンジャールの体がグググ!って動くのだ。

すすすすごいことを発見した!

死体が動く!

tesv-2016-11-12-23-51-22-284

ということは・・・

tesv-2016-11-12-23-52-42-451

レイロフのココに設置したらどうなるのだろう。

tesv-2016-11-12-23-52-47-100 tesv-2016-11-12-23-52-54-817

ごめんなさい・・・。

tesv-2016-11-12-23-52-57-800

私はレイロフの言うことを聞かず、周りを見渡した。

tesv-2016-11-12-23-52-57-8002

すると、とんでもない形状のオブジェクトが目に入った。

この形状は素通り出来ない。

素通りしては騎士の名折れだ。

tesv-2016-11-12-23-53-02-200

オブジェクトをゲットしようとアクションを起こすと、後ろのオブジェクトが手に入った。

tesv-2016-11-12-23-53-10-183

なんだよ!この素晴らしい形状のオブジェクトは入手できないやつかよ!

tesv-2016-11-12-23-53-41-316

悔しさを堪えて、ガンジャールの身ぐるみを剥いだ。

すまんなガンジャール、私は生きねばならんのだ。

tesv-2016-11-12-23-54-31-817

帝国軍の隊長: 門を開けなさい

帝国軍が扉の向こうにいる、これは戦闘は避けられない。

私はガンジャールから剥ぎ取った斧と防具を身に着けた。

tesv-2016-11-12-23-54-45-251

帝国軍兵士: ストームクロークだ!始末しろ!

 

俺はまだストームクロークじゃないぞ!!

 

 

tesv-2016-11-12-23-54-50-734

帝国軍兵士が私に襲いかかる、そして防御のヒントが現れる。

迷わず防御した。

tesv-2016-11-12-23-54-53-767

フンヌッ!!

tesv-2016-11-12-23-54-58-418

ブシャァァ!

痛い!めっちゃ血出てる!手にあたってるじゃん!

防御の意味あるぅ!?

tesv-2016-11-12-23-55-01-550

レイロフが横から帝国兵に斬り込む。

帝国軍兵士は地面に崩れ落ち、隊長も倒す事ができた。

tesv-2016-11-12-23-55-24-683

隊長さんの身ぐるみを確認する。

帝国軍の鎧など、防御力が高い装備が沢山!

これはありがたい!

tesv-2016-11-12-23-55-39-399

剥ぎ終わると隊長さんが女性だったことに気づく。

いいお尻してる・・!

tesv-2016-11-12-23-56-22-050

帝国軍兵士の方も一旦装備を剥ぐ。

この人ふんどし履いてる・・・。

tesv-2016-11-12-23-57-49-0822

しかしこの言葉にできぬ心境は何なのだろうか。

tesv-2016-11-13-00-02-05-280

帝国軍の装備を身に着け、防御力がアップした私は更に奥へと進んだ。

そこには鉄格子があり、中にはお金になりそうな物が転がっていた。

ピッキング開始

tesv-2016-11-13-00-02-16-713

もう目の前のお宝に夢中だ。

ピッキングはマウスで上のピックを左右へ動かし、キーボードのAとDで下の刺している小刀を回すのだ。

グギギギ

正しいポジションで回さないと折れてしまうから注意が必要

難易度が素人の鍵穴だったので簡単に開いた。

tesv-2016-11-13-00-02-19-880

いやっほーーう!ゴールドやポーション、魔術書が落ちているので早速拾う。

tesv-2016-11-13-00-02-43-631

もちろん魔術師の身ぐるみも剥がせていただくぜ!

tesv-2016-11-13-00-02-55-945

・・・。

tesv-2016-11-13-00-03-13-746

こんな所じゃ寒いよね。

魔術師の手を掴み、暖かいところで眠らせてあげることにする。

tesv-2016-11-13-00-04-21-961

近くにテーブルがあった。

彼はここに座らせてあげよう。

tesv-2016-11-13-00-06-47-393

よいしょ、よいしょ。

うまくいかない。

 

tesv-2016-11-13-00-07-47-759

やばいやばいやばい!

なんか苦情が来そうな感じになってきた!!!

というか

tesv-2016-11-13-00-05-29-911

物を謎の力で持ち上げることが出来るこの能力何なの?

tesv-2016-11-13-00-05-45-061

この能力何なの?

私は自分のことが怖くなった。

昔の記憶もなく、反乱軍の服着たり、帝国軍の防具着たり

人浮かせたり

 

自分が怖い

tesv-2016-11-13-00-05-45-0612

 

1人だと心が壊れてしまいそうだった。

「お~い!レイロフ~!待ってくれ~~~!」

私は彼を追いかけた。

tesv-2016-11-13-00-13-20-690

魔術師を持ち上げたまま。