#9 立ち去る者

this-war-of-mine-2016-09-08-09-34-26-133

襲撃された!

this-war-of-mine-2016-09-08-09-34-33-237

またきたのか!ちくしょう!こっちは女しかいないのに!

ゾルタはここを去った

this-war-of-mine-2016-09-08-09-34-35-451

え〜〜〜〜〜〜!!?

 

 

this-war-of-mine-2016-09-08-09-34-46-203

ここを夜中にゾルタは去った。sheが戻ってくることはないだろう。

sheが戻ってくることはないだろう・・・。

なぜsheだけ英語!

 

this-war-of-mine-2016-09-08-09-34-47-441

第9日目の朝、エミリアとカティナの2人になってしまった。

this-war-of-mine-2016-09-08-09-38-34-315

もう残りを生き残れる気がしなくなってきたw

室温も-1℃だ、これじゃ体調が悪くなる一方だ。

this-war-of-mine-2016-09-08-09-39-46-471

資源を全て燃料を変えることにした。

this-war-of-mine-2016-09-08-09-40-07-016

この火で最後だ!なんとか!

なんとかならんもんか!!!

this-war-of-mine-2016-09-08-09-41-00-970

エミリア: カティナ…。奴らは何をしたんだ?

襲撃された時の事を言っているのだろうか…。

 

ドンドンドン

 

来訪者がやってきた。

this-war-of-mine-2016-09-08-09-41-57-000

来訪者: こんにちは!良いニュース持ってきましたよ。

 

なになに!?

食べ物を分けようじゃないか。

this-war-of-mine-2016-09-08-09-42-12-098

クリメント(来訪者): 信じられないかもしれないが、一部の慈善団体が市場のほうで食料を配っているんだ!俺の分なんてろくに残らないと思ってた。だが、グラズニの迫撃砲の砲撃が始まって、いる人全員が隠れなきゃいけなくなる前に取れるだけ取ったんだ。死ななくて本当に運が良かったよ。

なるほど…、多く取り過ぎたから分けてくれるってそういうことかい…。

ありがてぇ…。

this-war-of-mine-2016-09-08-09-42-30-765

エミリア: クソ!カティナは死なせない!

おお!エミリアが燃えている!生きる活力に溢れてる!

this-war-of-mine-2016-09-08-09-43-05-182

先ほどもらった食料は早速カティナに食べさせる。

this-war-of-mine-2016-09-08-09-43-27-314

最後の包帯でカティナの止血を行う。

this-war-of-mine-2016-09-08-09-44-37-923

エミリア…。

最初は1日目から早々体調不良でどうなるかと思ったけど、今は君が頼りだ。

this-war-of-mine-yoru this-war-of-mine-2016-09-08-09-44-50-544

少しずつでもいいから何とか病気から回復してほしい。