ぬるぬるモーグリ

ffxiv_20150719_142659

最近疲れてるせいかよく駄菓子コーナーに立ち寄って懐かしのお菓子を見つけては買ってセンチメンタルに浸っております。

陳列されている商品の中には近代的に進化した駄菓子もあり、お寿司のネタなどを作れるものもあります。

今回はねりきゃんランドというお菓子でレターモーグリを作る過程をTwitterで公開してたのでまとめを載せてみようと思います。
 IMG_0673

量が少なそうなので3つ買いました。

デデン!

IMG_0675
どうみてもパーマンに出てきたやつです。

IMG_0676
やってみると予想より違うことってあるよね。

想像してたよりだいぶ帽子がもっこりしてるせいで良くわからない物体になってしまった。

IMG_0678
まず青い帽子の上に乗っている紋章の土台が異様な立体www

横着して厚みを無視して作ったせいでこの様な事態に至りました。

ーTwitterで助けを求めることに。

70bd9c44da812e46dc8669a2d6b39172

>フィオレ: 紋章に使う部分の黄色の飴ちゃんを爪楊枝で麺棒みたいに薄く伸ばして、爪楊枝の尖った部分で紋章を書くみたいに形書いて切り取れば作りやすくなるんじゃないかなっておもうです!

ねりきゃんランド経験者のフィオレさんから回答を頂きました。

爪楊枝は細かい作業にむいてそうだしコロコロすれば伸ばし棒になる万能アイテムなんですね!

ふふふ、しかしこのねりきゃんランドには付属で伸ばし棒がついているのです!!!

IMG_0679IMG_0681
ころころころころころころころころころころころころころころころころころころころころころころころころころころころころころころころころころころころころ

IMG_0682
いい感じに伸びてきたので剥がしてみると・・・凄く嫌な予感がします。

この妖艶にねっとりからみつくねりねり、非常に熟女です。
 

スフォッ!

IMG_0684

このスフォッ!感見てください非常にピンチです、いくらなんでもからみつきです。このねりねり熟女

 

「ピンチこそチャンス」

IMG_0686
有名な言葉です、数多のスポーツ選手や経営者などが危機に直面しました。

そしてそれをバネにして危機を乗り越えてきました。

彼らにできて自分に出来なはずがない。

私には根拠の無い自信があった。

エクストリーム移植

IMG_0687
まるで絶望という言葉が具現化したかのようなねりねり熟女

私は絶望に屈することなく、戦ったわけでもありません。

絶望そのものを利用することにしました。

IMG_0689 IMG_0695

そして子供トマホークみたいになった。

IMG_0698
せっかく薄く伸ばして絵を描くように切り取ってとアドバイスをいただいたのに、訳の分からない移植をしてしまった。

しかもこんなに卑猥な紋章になってしまった。

そして私はこの不格好のレターモーグリのボトルネックに気付いた。

それは・・・

帽子!!

IMG_0700
なんなんだよパンパン感!膨張してるやん!

剥がそうと思ったら帽子と頭皮の癒着が深刻なぐらい進んでいましたwwww

冷却

IMG_0703
またアドバイスをいただきました。

キャンディは冷やすと硬くなるのでそれを利用して剥がす手術を行おうと思います。

IMG_0705
冷却でびしょびしょになったモーグリ。

つらかったね。

冷たかったね。

でも大丈夫、今からこの私が渾身の力を込めて剥がしてあげるからね。

 

ズッポーーン!

IMG_0708

私は躊躇せずに帽子を引き剥がした。

このスフォッ!ってなってる箇所はまさか!!!!

 

あぁ!頭皮がめくれてる!

IMG_0709
完全に冷却しきれてなかったようです、まだ頭皮部分がぶにぶにでした。

巨大な大穴をふさぐべく機能がよく分かりませんがモーグリの頭についている赤玉を反対側に移植することにしました。

そうすることにより赤玉がついていた箇所もスフォッ!となってしまったwwww

スフォッ!となった箇所はひっぱって耳を作りました。ちょうどよかった。

 

完成

IMG_0710
製作にあたって行く手を阻むたくさんの障害がありましたが。

なんとか完成しました!(すっごくぬるぬるしてるけど)

でも皆さんの励ましとアドバイスのおかげでなんとか近しい生き物になった気がします。

ffxiv_20150720_013359
たまには何かを作ったりするのも楽しいもんです。