エクストリーム訪問

gacha

ガチャガチャガチャガチャ!!

ffxiv_20150603_213203
誰かいますかー?誰かいませんかー?

 

どこも閉まってるよぅ!

ffxiv_20150603_213002

そうです、今日はアポ無しで人の家に入って色んな質問をして取材をするという独りよがりな企画を行う予定でした

しかし向こうの時間帯が早朝だったので完全に空き巣になっていたのです。

 

ffxiv_20150603_211902

俺、ミストヴィレッジに遠征してくるわ

この時間帯必ずいるFCのララ子ちゃんに挨拶をして家を出た

 

 

ミストヴィレッジ

ffxiv_20150603_214054

ついにやってきましたミストヴィレッジ

ラベンダーベッドよりもちらちらと人がいます。

そして開いている家がないか散策してついに・・・

ffxiv_20150603_214700

早速家が開放してあるお宅発見!!!

いざ尋常に!潜入!

 

 

ナナモさまぁ!みないでぇ!

ffxiv_20150603_214955
後生じゃ!夢蔵のこんな恥ずかしい姿みないでくだされ!
エーテルが溢れて止まらんのです!

 

ジジ!私この町気に入ったわ

ffxiv_20150603_215059

あぁ人の家ってなんでこんなに楽しいんだろう

ていうかこのストロングスコープなんですか

こんなの乗るに決まってるじゃないですか

そしてはしゃぐにはしゃいだので・・・

 

地下へ潜入

ffxiv_20150603_215141

恐る恐る階段を下りていく

hitman_absolution_game-wallpaper-800x600気分はHITMANだ、銃ないけど。
服もないけど。

 

ffxiv_20150603_215151

壁伝いにゆっくりと進む。

ぴちゃぴちゃ・・・

遠くのほうから水の音が聞こえる。

もし誰かいたらどうしよう

そんな不安なかった(なかったのか)

ffxiv_20150603_215206

どうやら寝室には誰もいないようだ

はたしてここ家主はどのような人物だろう

もし可憐なミコッテだったり可愛いララだったどうしよう

じゃあこうしよう

ffxiv_20150603_215903

じゃあさ、こうするよ。
そういうことならこうするよ。

ピチャピチャピチャピチャ

どうやら水の音が近くなったようだ
この辺でさらに奥へと進んでみる

ffxiv_20150603_215937

ほっ・・・どうやら家主はいないようだ

ffxiv_20150603_220012

まったくドキドキさせやがって

そもそもこの時間帯は向こうだと早朝だ、人なんか来るはずがない

 

ん?

ffxiv_20150603_220036

あそこのついたては脱衣するところだな?

家主わかってるな!つい声を荒げてしまった

ついたてにはノスタルジーとエロスが両方兼ねそろっている。

見ようと思えば見れる、でも見ては意味がない

見えてしまったついたての奥に価値なんぞない

そしてついたてはもうひとつの楽しみがある。

 

内側からも楽しめる

ffxiv_20150603_220052

しゅんぺいくん、元気ですか

僕は慣れない都会でがんばっています。

今人生をかけてある事にチャレンジしています。

何かは言えません。

しゅんぺいくんも夢を諦めずにがんばってください。

 

ゆめぞう

 

 

 

 

あっぶねぇ

ffxiv_20150603_225407

危うくシャワー室を覗く特A級の変態になるところだった

興奮しすぎて旧友に脳内で手紙を書いてた

 

しかし空き巣をするには人が少ない時間帯で刺激が足りない。

もっと人が多い時間帯に空き巣をしてみよう。

 

取材ではなくなっていた

ffxiv_20150603_225922