レバーは優しく握ってね

ffxiv_20150513_224402

夢蔵がこの世に生を受けてちょうど1周間が経ちました。
まだまだ翻訳ツールが手放せなくて、ココぞという時にうまく気持ちを伝えることが出来ないもどかしい毎日。
IDに限ってはやることが決まっているため特に会話も生まれることはありません。
でも何とかコミュニケーションをとりたい夢蔵は会話のきっかけとしてIDの特徴について話題をふることにしてます。

そして今日はCopperbell Mines(騒乱坑道カッパーベル銅山)の攻略です。

ffxiv_20150513_214941

(夢蔵) hi (ちゃ)
(呪術師) hello! (こんにちは!)
(幻術士) morning (おはよう)
(夢蔵) Let’s raise everyone tension! (みんなテンションあげていこう!)

ffxiv_20150513_215117

(夢蔵) Hold this lever gently (レバーは優しく握るんだよ)

必ず1人はのってくるw

ffxiv_20150513_215132

(呪術師) I have soft hands. (私の手はソフトだよ)

a34199e4c2ba0ebd144958cf5684876b

(夢蔵) miss sprint..
(夢蔵) tp gaaaaa!

思い出したあの頃の記憶

ffxiv_20150513_215754

ダンジョンを進むと一匹のスプリガンに出会った。
スプリガンがこれ僕の宝物。
君にあげる。

と、言っているかのように感じた

夢蔵は幼少期に川で石を拾ってジュピージュピー言いながら持って帰った。
そうしたらおばあちゃんが烈火のごとくキレた。
あんなに優しかったおばあちゃん。
いつも一緒に遊んでくれたおばあちゃん。

 

元の場所に戻してきなさい!

Q7emz

おばあちゃんに怒られ、川の元にあった場所に戻してきました。
確かに今思うとあの石はなんであんなに綺麗に丸かったのだろうか。。
記憶が定かではないですが、話がそれすぎたので話を戻すと

その石持って帰れねぇんだよお!

ffxiv_20150513_215611

kill youuuuuuuuuuuuuu!!!!

ここからレバーのダイジェスト

ffxiv_20150513_220349 ffxiv_20150513_220632 ffxiv_20150513_220852

カッパーベルどんだけレバーあるんだよ!!

そしてラスボス

ffxiv_20150513_221400

(夢蔵) Forced breakthrough (強行突破)
(呪術師) zerg the boss (?)

ffxiv_20150513_221433 ffxiv_20150513_221647

そしてカッパーベルも無事に攻略完了
途中で話がだいぶ脱線したような気もしますが、今日は平和に終わりました。